朝日

明治41年に京都府乙訓 郡向日町(現在向日市)で山本新次郎氏が「日ノ出」を栽培していたなかで、発見した変わった2穂を育成したもの。「日ノ出」から連想させて「朝日」と名称を定めたが、すでに同名の品種が京都府内に存在していたため、明治44年に京都府農業試験場が「旭(京都旭)」と正式に命名。

 

当時の西日本で普及していた品種は「神力」であったが、大正14年に米の販売が容量制から重量制に変更されると、「旭」の方が歩留まりがよいこともあり、急速に普及した。

 

岡山農業試験場では品種改良が行われ、大正14年に奨励品種となったが、岡山県内ではすでに「旭」という品種が別に存在していたため、「朝日」という名称に決定した。

 

岡山農業試験場では純系淘汰による品種改良を行い、従来の「朝日」より収量性、耐倒伏性に優れ、腹白が発生しにくい、「朝日47号」を分離選出。これが現在栽培されている「朝日」の大部分を占めている。現在も岡山県では奨励品種の一つとして、広く栽培されている。長稈で耐倒伏性及びいもち病抵抗性が弱く、脱粒が激しいため、栽培は容易ではない。

 

「コシヒカリ」、「ササニシキ」といった良食味品種の血統を辿ると、この「朝日(旭)」に行き着く。

大粒で、適度な粘りと歯ごたえがあり、口当たりがふくよかでほどよい甘さのあるとして、東の「亀の尾」と並び、西の「朝日(旭)」と言われた。

 

asahi

LINEで送る
[`evernote` not found]

市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ