ハナエチゼン

地方番号:越南146号
育成開始年:昭和52年
品種登録年:平成5年
農林登録番号:水稲農林315号
農林登録年:平成3年
育成:福井県農業試験場

 

良質、良食味で早場米用品種として開発された。「フクヒカリ」「コシヒカリ」と同等の食味を有し、外観品質は光沢があり「フクヒカリ」に優る。また精米白度についても「フクヒカリ」よりも高い。玄米千粒重は「コシヒカリ」と同等「フクヒカリ」より軽く、「越路早稲」より重い。刈り遅れによる品質低下が少ない。耐倒伏性はやや強く、白葉枯病、縞葉枯病、紋枯病に弱い。「フクヒカリ」は大粒良食味で市場評価も高かったが熟期が遅く、早場米としての有利性が乏しかったため、「フクヒカリ」並の良食味で、品質が良く、より早く出荷できる早生の新品種として導入された。名前の由来は、越(コシヒカリ)より前(まえ)に華(ハナ)が咲く。「コシヒカリ」より早生の米という意味。福井県を初めとして北陸、近畿、中国、四国に普及。特に近畿地方では消費者の知名度も高い。

 

hanaechizen

LINEで送る
[`evernote` not found]

お米あれこれ目次に戻る

市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ