きらら397(きららさんきゅうなな)

地方番号:上育397号
育成開始年:昭和56年
品種登録年:平成2年
育成:北海道上川農業試験場

 

デビュー当時はテレビコマーシャルが放送され話題となった、北海道の良食味品種の代表的な存在。かつて「鳥またぎ」とすら言われた北海道産米の地位を一気に向上させた。親である「キタアケ」の耐冷性と「しまひかり」の食味の良さの両方を受け継ぎ、北海道で一気に普及した。千粒重は「キタヒカリ」よりもやや軽く、精白米の白度は「ゆきひかり」よりもやや優っている。「コシヒカリ」等の優良品種と比較すると粘りが劣るが、この点が丼物のように、汁気を炊飯米に含ませる料理との相性を高めているとも言われている。この特徴と粒揃いの良さ、さらに価格が「コシヒカリ」等よりは安いことから外食産業、特に牛丼チェーンにおいて使用されることが多い。北海道での検査数量において長年第1位に君臨していたが、近年は後継品種の作付けが広がり、「ななつぼし」に次ぐ2位となっている

 

kirara397

LINEで送る
[`evernote` not found]

お米あれこれ目次に戻る

市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ