山田錦(やまだにしき)

育成開始年:大正14年
奨励品種指定年:昭和11年
育成:兵庫県農事試験場

 
明治から大正時代に掛けて在来種を選抜した「山田穂」という酒米が栽培されていたが、耐倒伏性、収量性に問題があった。そこでこの「山田穂」と「短稈渡船」という酒米品種との人工交配による品種改良が行われ、昭和11年には兵庫県の奨励品種となった。このようにして後に山田錦」が誕生したが、当初採用する酒造場は少なく、本格的に普及したのは、昭和15年の臨時米穀配給統制規則により県外との米の移出入が制限されるようになり、大手酒造場が兵庫県産米を使用せざるを得なくなってからのことであった。

 

「山田錦」は「酒米の王者」とも呼ばれるように、普及以降の全国新酒鑑評会では上位を占めるようになった。このため平成12酒造年度分からは「山田錦」の使用割合によってⅠ部、Ⅱ部に分けて品評する区分制を導入した。近年「山田錦」以外の原料米の実力が向上しているとの理由により、平成22酒造年の品評から区分制は廃止された。これにより「山田錦」の優位性が覆ったわけではなく、実際には「山田錦」を主体とした出品酒の金賞が高いという結果となった。

 

粒が大きくて、粒張り、歩留まりがよく、心白が粒の中心部に鮮明に出る。耐倒伏性、いもち病抵抗性、紋枯病抵抗性は弱いものの、芳醇な酒ができると蔵元の評価は高く、六甲山北西部で栽培されたものは一段と評価が高い。検査数量は好適米全体の3割程度であり、「五百万石」との2強時代が近年続いている。

 

yamadanishiki

LINEで送る
[`evernote` not found]

お米あれこれ目次に戻る

市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ