YAMSAI(やむさい)

YAMSAI(やむさい)
より大きな地図で YAMSAI(やむさい) を表示
営業場所: 西宮市豊楽町5-26 
 『bin -ジャムと珈琲、あるいはその他』の店頭では毎週水曜日
西宮市若松町6-8
 ヴィラドコアン1階 『ameen’s oven』の店頭では毎週金曜日
営業日: 水/金
営業時間: 12時~売り切れごめん
ホームページ: http://www.yamsai.net/
ツイッター: https://twitter.com/taroyamano
フェイスブック: http://www.facebook.com/profile.php?id=100001686782715


お店は持たずに車での移動販売の八百屋さん。
営業情報などは上記のホームページやツイッター、フェイスブックで発信している。

ある日の水曜日、苦楽園の通称「binジャム」さんの店先に止めた車で販売の準備だった所にお邪魔した。
風の冷たい日にも関わらず、次々と常連さんが集まってくる。皆さん、この日を待ちかねている様子。

お客さん同士の会話が、野菜の使い方などの情報交換の場ともなる。
「あら、こんな所に八百屋さんがあるのね??え、毎週水曜日なの??お安いのかしら?」
こんな通りがかりの人に常連さんが答える。
「お値段だけで言うと少し高いかも??でも、その値段では他では買えない野菜のおいしさですよ。ここのお野菜を買うようになって、お野菜は丸ごとお料理に使うようになりましたね。捨てる所がないですよ。」


オーナーの山野さんもニコニコしながら、皆さんからの質問に次々答えている。
「ブロッコリーの葉も持って帰ったら??いいスープが出ますよ!!」
「それはキクイモ。スライスしてサラダもいいし、炒め物やみそ汁にもいいですよ。体にいいし!」

アパレルの流通業にいたが、野菜の販売に魅力を感じて、移動販売の八百屋に転身。
「みんながハッピーになれるものを考えて農業にたどり着きました。
有機農法や自然農法で育てて野菜を作っている方から仕入れています。
新しく農業を始めている仲間もいます。
農薬だけでなく放射能についても情報交換できる場にしたいと思っています。お金をなるべく使わずにする方法も考えながら・・・ね。」
野菜を入れる箱も籠も再利用だと山野さん
おいしい野菜を一生懸命作って下さる方も、販売する人も、お客さんもみんながハッピーになれるようにと思いながら仕入れた野菜を、今は週に三日移動販売している。
自身も小さい子どもを持つ親として、体に一番影響のある食べ物にはこだわっていきたいと、野菜を大切にしながら情報交換の時間も積極的に作っている。

直売所からのお願い

販売店で売られている西宮の野菜は、数や種類に限りがあります。
特に夏野菜は、成長も早いだけに端境期の時もあります。
売り切れ等があることはご理解ください。

2016農業祭
市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ