ひとめぼれ

地方番号:東北143号
育成開始年:昭和57年
品種登録年:平成4年
農林登録番号:水稲農林313号
農林登録年:平成3年
育成:宮城県古川農業試験場

 

宮城県がポスト「ササニシキ」のとして育成。「ササニシキ」が気象被害に弱いことから平成5年の大冷害で大きな減収となったことにより、「ひとめぼれ」への転換が一気に進んだ。耐冷性は極強で平成5年、平成15年の冷害時にその力を発揮した。「ササニシキ」を上回る食味を誇る。また玄米千粒重は「ササニシキ」よりも1~2gほど重い。短所として収量性、耐倒伏性、いもち病抵抗性、白葉枯病抵抗性不充分なことが挙げられるが、収量性、耐冷性、耐倒伏性、穂いもち抵抗性、白葉枯病抵抗性、穂発芽性については「ササニシキ」に優る。暖地への適応力もあり沖縄県でも作付けがされている。「コシヒカリ」に次ぐ人気品種となり、検査数量は全国2位となっている。

 

hitomebore

お米あれこれ目次に戻る

市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ