亀の尾

明治時代に山形県大和村(現庄内町)の篤農家・阿部亀治により育成された品種。

 

食味が優れる品種であり、「コシヒカリ」や「ササニシキ」は、「亀の尾」からその良食味を引き継いでいると考えられている。
明治維新以来、庄内地方では民間育種家が他地域では類を見ないほど、活発に水稲の新品種創選に取り組んでいた。明治26年、東北地方では冷害が発生し、大きな被害が発生していた。そのようななか、亀治は在来品種「惣兵衛早生」の中で、倒伏していない3本の稲穂を見出した。水田の所有者からその稲穂を譲ってもらい、種子として翌明治27年から作付けを始めた。明治27年から明治29年においてはいずれの年も倒伏したが、明治29年に1株だけ生育が良好な株があり、この株を抜穂選種した。これを翌明治30年に栽培したところ、冷害の年であったものの倒伏を起こさず、収量も全国平均を大きく上回った。

 

「亀の尾」の耐病性は弱かったものの、外観品質及び食味が良く、耐冷性に優れ、収量性が高かったことから東北地方を中心に広く普及。西の横綱と言われた「旭」に対して、東の横綱「亀の尾」と並び称された。安部亀治の一字をとり「亀の尾」と命名。
昭和になり化学肥料が使われるようになると、長稈であるため倒伏しやすくなり、また米が脆くなるため、他の多収性の品種に転換が進み栽培されなくなった。

 

一時期「亀の尾」の栽培は途絶えたが、酒造好適米としての性格も有していたため、1980年代に酒造会社によって復活し、日本酒の原料として使われている。現在では酒米として各地で小規模ながら栽培されているが、同じ品種であるにもかかわらず、栽培する種子の系統により特徴が大きく異なる。これは長年に渡り品種の維持がなされていなかったため、育成者によって系統が別々のものになってしまったためである。稲穂の見た目に差異があったり、また炊飯米として香りや食味が異なったりというような違いに現れている。

 

kamenoo

お米あれこれ目次に戻る

市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ