あぐりっこ取材トピックス
ワンランク上の菜園生活を提案するル・ポタジェ・クラブ

2014年6月22日

「この船坂は標高が高いので昼夜の寒暖の差が大きいんです。そういう場所で育った野菜はおいしいんです!!」とオーナーの吉川さんが話す。
オーナーの吉川さんはリタイアしたのをきっかけに、大好きな船坂で会員制の菜園を経営している。
ル・ポタジェ・クラブ ル・ポタジェ・クラブ ル・ポタジェ・クラブ

ここは手ぶらで来ていただいたら、道具も含めて施設は自由に使える。
たまには お料理が好きなオーナーと一緒に、採れたての野菜を使ったピザで一日ゆっくり楽しむこともあるという。

メインのクラブハウスのある区画とほんの少し離れた区画で40区画あるが、ここでは日本では珍しい野菜もたくさん植えられている。「試行錯誤の連続です。でも、珍しい野菜がうまく出来た時はうれしいですね。会員みんなでパンを作ったり、ピザを焼いたり、薫製も作ります。こういうロケーションを楽しんで下さるお仲間が増えるといいですね〜〜」
ル・ポタジェ・クラブ ル・ポタジェ・クラブ ル・ポタジェ・クラブ
ル・ポタジェ・クラブ ル・ポタジェ・クラブ ル・ポタジェ・クラブ
菜園にはアーティチョークやチャービル、原種のイチゴなど珍しい野菜も多く、第二エリアに植えられているブルーベリーが鈴なりになっていた。

初心者の方には、経験者が指導もしてくれる。
新しいスタイルの菜園ライフを楽しんでみませんか??

菜園の詳細はこちらから⇒

 

市民農園の利用者 募集中!

申込み締切3月31日(消印有効)
詳しくは、こちら⇒

サイトマップ