田畑への水を送る百閒樋川

昔から水は大切だった。
田畑を耕し、作物を育てる上では水は死活問題になる。
ということで、古来よりあちこちで水争いもあった。

西宮でも例外ではなく、今日の写真の百閒樋川も苦労して武庫川の水を仁川の下を通して引いてきている。

江戸時代のこの大きな工事が、今も周りの田畑を潤している。

レポート:たい

土の中の作物:里芋

土の中にもたくさんの作物が眠っているんですよね。

里芋もその中の一つです。

大きな葉っぱの下で、まだ静かに眠っていますが、いつ外に出てくるかしら??

そろそろ煮っころがしが恋しい季節ですね(^_-)-☆

レポート::mass