稲刈りも終盤

10月に入ってからも 日中は夏日の日が続く。
そんな暑さに汗を拭いながらも、田んぼや畑を吹き抜けていく風は、すっかり秋風。

9月中頃から始まった稲刈りも、10月に入って終盤を迎えている。

すっかり稲刈りの済んだ田んぼが多くなって来た。

昔は、もっと一斉に稲刈りの時期が集中していた気がするが
今は、人手の問題や品種の多さが影響しているのかも・・・・??

レポート:たい

収穫の秋

住宅地の直ぐ横にある田んぼや畑。
西宮の西宮の緑を支えてくれる存在でもあり
西宮の特徴の一つでもある。

暑かった夏もすぎ、朝夕涼しくなって来た秋は
一年のうちでも一番の実りの季節。

里芋もそろそろ収穫??

田んぼや畑の作物を見ながらの散歩も楽しい。


レポート:たい

段上町のみかん畑

美味しいミカンができるミカン畑。

住宅街の直ぐ横に、ミカン畑があります。
米作りから方向転換して、勉強しながら育てて来られたミカンですが
苦労の甲斐あってとっても甘い実をつけます。

段上町あたりでは、最近少しづつミカン畑も増えて来ているような気もします。


最近は、地域の方々にミカン狩りを企画されていることもあるようですが
近隣の直売所などで販売されます。

そんなミカンも少しずつ大きくなって来ています^_−☆

レポート:mass

実りの秋はもうすぐ・・・

そろそろ田んぼによっては稲穂が垂れ始めたところもある。

田植えの時期や品種の違いで、収穫の時期も違う。
災害などに備えて、あえてリスクを分けているのかもしれないが
隣同士の田んぼでも、こんなに違う。

少し前にはたくさん飛んでいたシオカラトンボから、赤トンボへと変わって来ている。

まだまだ暑いが、秋はすぐそこまで来ている。




レポート:たい

長雨とイチジク

これまでに例のないようなお盆の時期の長雨。
「最初は、3〜4日かと軽く思っていましたが10日になりましたからね・・・」と生産者さんも少し諦め顔。

イチジクは特に雨が左右する。

やっと元通りになりそう・・・というが、すぎた2週間は戻らない。

自然に左右される農業の大変さを改めて思った。

レポート:たい

野菜、生育中♪♪

生産者さんたちは、広い畑に野菜を育てて
畝ごとに時間差で植えて、収穫時期を調整している。

畑を見ると、畝ごとに生育状況が違っていて、そんなことを観察するのも楽しい。


段上町あたりにはイチジク畑も多い。
年数が経った木は、まるで芸術のよう。

大きな葉の影に隠れるように、小さな緑の実が育っている。
夏の収穫が楽しみだ(^_−)−☆

レポート:たい

お米になるまで・・・・

お米になるまではたくさんの手間がかかると言いますね。
八十八の工程があるから、そこから 米 という字になったとも言いますね。

田植えまでにもいろいろ準備期間はあるのでしょうが
田んぼを覗き込むと
田植えから日が経って、モリモリ分蘖(ぶんけつ)している稲がありました。

逞しいですね^_−☆

カバー写真に使ったのは、合鴨農法かな??と思う田んぼ。
向こうの道で一息入れている鴨を見つけました(^_−)−☆


ライター:mass

農業用水と田んぼ

武庫川からの引水、仁川の上流からの引水。
江戸時代にまで遡るその引水は、今も田畑を潤している。

今年はとても梅雨入りが早かったが、雨の量はどうなんだろう??
まだ梅雨明けには間がありそうだが、早苗はどんどん成長している。

住宅街に囲まれた田んぼ。

レポート:たい

トマトのハウス

トマトのハウスの中に入れていただいた。
まさに、これからがトマトの旬。

ハウスの中に入ると、トマトの香りが押し寄せてくる。
トマト独特の青くささもある。
やっと季節が来たばかりで、早朝に収穫された後なので、赤い実は少ない。
でも、今日一日でまたたくさん熟していくのだろう。

収穫の切り取り方やハサミにも気を使うという。
変なことをするとそこから病気になるとか・・・・。

日々の天候、その年の気温
そんなことを頭に入れながら、大切に育てられて私たちの口に入る(^_-)-☆

レポート:たい